土地家屋調査士寺岡孝幸事務所【滅失登記専門サイト】

建物の滅失登記のことなら土地家屋調査士事務所運営の【滅失登記専門サイト】をご利用下さい。090-1006-2151(平日9時~17時)

著者:土地家屋調査士 寺岡孝幸

建物滅失登記の必要書類

建物滅失登記の必要書類

建物滅失登記の必要書類としては、滅失登記の申請前に、資料として必要な書類と、滅失登記の申請時に、法務局に提出が必要な書類があります。 もし、建物滅失登記の必要書類に不足があったり、1ヶ所でも不備があった場合には、補正作業 […]
建物滅失の登記申請書の様式と書き方

建物滅失の登記申請書の様式と書き方

建物滅失登記を申請する際には、登記申請書を法務局に必ず提出する必要があります。 ただ、法務局に提出する登記申請書には、様式(書式)があり、書き方も細かく決められています。 もし、建物の滅失登記申請書の様式や、書き方を1カ […]

自分で滅失登記をする方法

まず、自分で滅失登記はできるかどうかについてですが、 時間があり、いろいろと動ける状態であれば、 一般の方でも十分できる登記です。 法務局での登記申請は、基本的に、難しい手続きが多いのですが、何とか自分でできるレベルの登 […]

滅失建物の登記情報の取得方法

建物の滅失登記の申請書を作成する前に、その滅失した建物の登記事項要約書(又は登記情報)を取得して、最新の登記内容を確認しておいた方が良いです。 登記事項要約書(又は登記情報)には、 その建物の最新の登記内容が記載されてお […]

滅失登記をしてから表題登記

古い家を取り壊して、新しく家を建て替えるような場合には、滅失登記をしてから、表題登記をする順番になります。 同じ敷地上に、古い家の登記が残ったままの状態で、新しい家の表題登記をすることは、原則、できないからです。 建物を […]

建物表題登記と滅失登記の違い

建物表題登記とは、建物を新しく新築した場合に、その建物の所有者が、1ヶ月以内に、管轄の法務局に対してしなければならない登記のことです。 具体的には、建物を新しく建築した所在と地番、種類、構造、床面積、所有者の住所と氏名な […]

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、土地や建物などの表題登記の申請業務を、専門に行っている士業のことです。 士業には、土地家屋調査士以外にも、弁護士、税理士、司法書士、行政書士など、その他にもいろいろとあります。 そして、それぞれの士業 […]

滅失登記ができる資格

建物の滅失登記の申請は、その建物の所有者本人から申請するのが基本です。 しかし、所有者本人から申請するのが、いろいろな事情によって難しい場合には、代理人から滅失登記を申請することができます。 ただ、滅失登記の代理人になれ […]

滅失登記と司法書士

建物の滅失登記の申請は、司法書士ができるものではありません。 司法書士ではなく、土地家屋調査士の資格を持っている人が、建物の滅失登記を代理で申請できるのです。 つまり、司法書士に建物の滅失登記をお願いしようとしても、 司 […]