当サイトでは、高知に建っていた建物の滅失登記申請の代行を致しております。建物の滅失登記では、法務局で登記情報などの調査作業や、登記申請書類の作成、建物滅失証明書などの添付書類の作成が必要となっており、それらを抜かりなく一般の方が作成して、建物の滅失登記の申請手続きを行う作業は、非常に大変で専門的な作業となっておりますので、ぜひ当サイトをご利用下さい。

2019/10/1更新

高知に建っていた建物の滅失登記の申請が、自宅に居ながらラクラク完了します!
全国対応!高知に建っていた建物の滅失登記のラクラク申請代行 お申し込み

建物の滅失登記の申請書類の作成や手続きの仕方が具体的によくわからなくて・・

平日しか開いていない役所に何度も出向くのも・・

高知県外に住んでいるため、高知に建っていた建物の滅失登記の申請を行うのが大変で・・

取り壊した建物の所有者(名義人)がすでに亡くなっているけど、どうすれば・・

建物の滅失登記の申請書類に不備不足があった場合、何度でも追加提出や修正作業が必要になるのも心配・・

土地の売却のため、建物の建て替えのため、固定資産税の回避のために建物の滅失登記をしたい・・

とお悩みのあなた、

建物の滅失登記をしていないと、固定資産税がかかり続けるだけでなく、
敷地となっている土地の売却も、住宅ローンなどの担保の設定も、
建て替えによる新築建物の登記なども、何もできないままになります。

ただ、建物の滅失登記と言っても、
法務局で登記情報などを確認したり、滅失登記の申請書の作成や、
滅失証明書などの添付書類の作成などいくつもの作業をしなければなりません。

そして、それらを抜かりなく一般の方が作成して、
建物の滅失登記の申請手続きを行う作業は、
非常に手間がかかる上に、法律知識のいる作業です。

そこで、当サイトでは、登記専門の国家資格者である土地家屋調査士が、
法務局で滅失した建物の登記情報などを確認する作業と、
建物滅失登記の申請書類一式の作成作業
建物滅失登記の申請書類の提出から完了までのすべてを代行致します。

当サイトの 『 全国対応!高知に建っていた建物の滅失登記のラクラク申請代行 』 では、

高知で最近滅失(取り壊し 又は 焼失)した建物

高知で数年~数十年前に滅失(取り壊し 又は 焼失)した古い建物

の滅失登記の申請手続きはもちろんのこと、

取り壊した建物の所有者(名義人)がすでに亡くなっている建物の滅失登記申請

建物はすでに無く、その建物の所有者が行方不明になっている建物の敷地所有者からの滅失

の申請にも対応しております。

全国対応!高知に建っていた建物の滅失登記のラクラク申請代行について

最終的にあなたのご住所宛てにお送りするのは、下の の書面となります。

ご指定の建物の滅失登記完了証

取り壊した建物の所有者(名義人)の登記住所が現在の住所と異なる場合のみ、つながりのわかる住民票又は戸籍の附票
※取り壊した建物の所有者の登記住所が現在の住所と異なる場合、
建物の滅失登記申請には、つながりのわかる住民票又は戸籍の附票が必要になるからです。

建物の所有者(名義人)がすでに亡くなっている場合のみ、亡くなった方とあなた(相続人)とのつながりのわかる戸籍謄本等
※取り壊した建物の所有者(名義人)がすでに亡くなっている場合の建物の滅失登記申請には、
亡くなった方とあなた(相続人)とのつながりのわかる戸籍謄本等が必要になるからです。

以上の書面を、あなたのご住所宛てにお送り致します。

代行料金と致しましては、

滅失した建物の所有者の方からご依頼の場合
料金 49,800円(税込)+ 実費(郵送代・印紙代等)のみ

滅失した建物の所有者がすでに亡くなっていて、相続人の方からご依頼の場合
料金 59,800円(税込)+ 実費(郵送代・印紙代・戸籍代等)のみ

滅失した建物の所有者が行方不明で、建物の敷地所有者から滅失登記をご依頼の場合
料金 59,800円(税抜)+ 実費(郵送代・印紙代)のみ

とさせていただきますので、ぜひご利用下さい。

実費は合計5,000円~1万円以内で済む場合がほとんどで、実費の内訳の目安は次の通りです。

・郵送代とは、あなたのご住所宛てに書類をお送りする郵送代(返信用も含む)や、法務局・役所への郵送代のことで、
通常、約2,000円~5,000円前後で済む場合がほとんどです。

・印紙代とは、建物の滅失登記申請書類を作成するため、滅失した建物の登記情報など法務局での事前調査にかかる印紙代のことで、
通常、約2,000円~3,000円前後で済む場合がほとんどです。

・戸籍代とは、建物の名義人(所有者)がすでに亡くなっている場合のみ必要になり、
亡くなった方とあなたとのつながりのわかる戸籍代のことで、通常、数百円~5,000円前後で済む場合がほとんどです。

※お申込み前の注意事項・・・お申込みは、原則、滅失した建物の所有者(名義人)の方、または、所有者(名義人)が亡くなっている場合は相続人の方、もしくは、相続人のお子様や甥姪の方(相続人の方に委任状へのご署名や本人確認のご協力は必要です)、滅失した建物の敷地の所有者の方、からお受けできます。また、お申込み後に、委任状及び身分証のコピー1~2点(運転免許証又は健康保険証等のコピー)の郵送提出によるご本人確認を行いますことご了承下さい。なお、滅失した建物の亡くなった所有者(名義人)が、あなた(相続人)の伯父・叔父(おじ)又は伯母・叔母(おば)に該当する場合のみ、必要な戸籍の数が数倍になる関係上、料金が59,800円⇒69,800円(税込)となりますことご了承下さい。
※対応地域・・・高知県の高知市内、南国市内、伊野町内、土佐市内、香南市内、日高村内、佐川町内、香美市内のいずれかの地域で滅失(取り壊し 又は 焼失)した建物のみ対応可能です。

高知に建っていた建物の滅失登記の申請が、自宅に居ながらラクラク完了します!
全国対応!高知に建っていた建物の滅失登記のラクラク申請代行

代行のお申込みと完了までの流れはこちらから
(登記専門の国家資格者の土地家屋調査士がご提供、だから安心して依頼できます。)